もどる
【第1回】ダムとの出会い、魅力、想い。
  • イエーイ!ドラムやってます!ナカジマノブです!雨が続いてたけど、やっと晴れたぜ!雨の翌日は特にダムががんばってるんだよねー。ダム湖に水をゆたかに貯えて、ゆったりとやさしく、雄大で物静かにそこにある、そんなダムが俺は好きだ! 全国には2000基以上のダムがあって、大小様々!ダムは、河川を塞き止める人工の建造物で、基礎地盤から15メートル以上ある物をいって、なんと1400年前からダム形式のため池があったほど古くから活躍してるんだ!くー、その歴史を考えただけでも、ご飯3杯はいけるぜ!

  • ダム巡りを始めるきっかけ「ダムとの出会い」で印象深いのは、神戸の“石井ダム”!ダムへは、一番近い鈴蘭台駅から徒歩で約40分。街並みを抜けて、一般車両進入禁止のハイキングコースをゆっくり歩くから、危なくないし、空気もいい! ちょうど紅葉の時期で、モコモコとした赤や黄色の山肌に、思わず足を止めて、しばらく深呼吸したっけ。そして見えてきた!白い堤体の重力式コンクリートダムの石井ダムだ!シビックデザイン採用で、自然の景観と調和するように作られている!

  • ダムからは、周りに六甲山の山々、眼下には遠くに海と、神戸の港と街並みが見える!グッときた!天端(ダムのてっぺん)周辺は公園にもなってて、幼稚園生の遠足が二組、ちょうどお弁当。俺もその中に混じってワイワイと昼ご飯!最高の癒しのひと時をありがとう! ダムは、そこから一歩も動くことなく、ただじっと、自然や、動物、僕らの生活を見守り続けながら、上流からの水を全身で受け止め、その土地の歴史や責任を忘れず、そこにある。もちろん賛否のこと、想いや思惑、忘れてはいけない事があることも知ってる。で、俺は感じるんだ、ダムにはねぇ、ブルースがあるんだよ。 ―――――――――――――――――――― ■著者プロフィール:ナカジマノブ 1966年生まれ、東京都出身。16才で初めてバンドを組みドラムを担当する。数々のバンドでの活動をへて、2004年、人間椅子に加入。多趣味でも知られ、ダム巡り、ダムカード集めはもちろん、日野日出志、アンティークウォッチ、アンティークトイ、切手、コイン、エアジョーダン、B級スポットにも目がない。大好物はハンバーグ!

# ライフスタイル

2016.10.24 | 1282 Read

※通信状態が良くない場合、再生までに時間がかかる(バッファリングに時間がかかる)可能性があります。再生時は通信状態のよい場所でご利用ください。

※速度制限下では、再生までに(バッファリングに)若干時間がかかりますので無線LAN(WiFi)でのご利用をお勧めいたします。